「ゴルフで女性と仲良くなるコツがあれば知りたい!モテたい」というあなた。

ゴルフで女性と仲良くなってモテるにはゴルフレッスンに通うのが一番近道です。

そんなあなたにオススメのゴルフレッスンスクールをタイプ別にご紹介いたします。

タイプ①女性が多いゴルフスクールに通う

引用元:サンクチュアリゴルフ

「そもそもゴルフで女性と仲良くなる機会があまりない…」というあなた。

女性と仲良くなる最短ルートは、女性が多いゴルフレッスンに通うことです。

女性の割合が多くてお勧めのゴルフレッスンは「サンクチュアリゴルフ」です。

サンクチュアリゴルフは女性が85%以上でグループレッスンなので楽しく学べます。

さらに、全店舗の女性コーチが在籍しているレアなゴルフスクールでもあります。

女性と仲良くなる機会がないあなた!サンクチュアリゴルフをチェックですね☆

 

https://www.sanctuarygolf.jp/

サンクチュアリゴルフ解説はコチラ




タイプ②モテるプレーが身につくゴルフスクールに通う

引用元:ライザップゴルフ

「ゴルフで女性にモテるプレーを身をつけたいです…」というあなた。

アドバイスとしては、中途半端なゴルフレッスンには絶対に通わないことです。

女性にモテるかっこいいプレーを身につけるには「ライザップゴルフ」が最適です。

ライザップゴルフはコーチもレッスンも優秀なので、モテるプレーが身につきます。

女性にモテるプレーを身につけたいあなた!ライザップゴルフをチェックですね!

 

https://www.rizap-golf.jp/

ライザップゴルフ解説はコチラ




女性が多いゴルフスクール|サンクチュアリゴルフ

引用元:サンクチュアリゴルフ

「そもそもゴルフで女性と仲良くなる機会があまりない…」というあなた。

女性と仲良くなる最短ルートは、女性が多いゴルフレッスンに通うことです。

女性の割合が多くてお勧めのゴルフレッスンは「サンクチュアリゴルフ」です。

では、サンクチュアリゴルフのレッスンについて詳しく解説していきましょう。

①女性コーチが在籍

引用元:サンクチュアリゴルフ

「サンクチュアリのコーチってどんな方がいますか?」というあなた。

サンクチュアリゴルフでは、基本がしっかり学べる親切なコーチが揃っています。

さらに、全店舗の女性コーチが在籍しているレアなゴルフスクールでもあります。

女性と仲良くなる機会がないあなた!サンクチュアリゴルフをチェックですね☆

 

https://www.sanctuarygolf.jp/




②グループレッスンで楽しい

引用元:サンクチュアリゴルフ

「サンクチュアリゴルフのレッスンはどんな感じですか?」というあなた。

サンクチュアリゴルフでは、インドアとコースレッスンのサイクルとなってます。

また、インドアレッスンは受け放題なのでたくさん通っても料金は変わらずです。

しかも、サンクチュアリゴルフはグループレッスンなので楽しく学ぶことが可能。

女性と仲良くなる機会がないあなた!サンクチュアリゴルフをチェックですね☆

https://www.sanctuarygolf.jp/




③レッスン料金

引用元:サンクチュアリゴルフ

「サンクチュアリゴルフのレッスン料金は月額制だけど、安いの?高いの?」

そうなんです。サンクチュアリゴルフのレッスン料金は月額制になっております。

料金だけみてもレッスン料金が高いか安いかちょっとピンと来ないでしょうか?

そんなあなたに一言。サンクチュアリゴルフはおトク料金になっております。

格安の定額制で、インドアレッスン受け放題でコースレッスンまで含まれてます。

さらに、今なら「初月0円&入会金半額」のキャンペーン中なのでチャンスですね。

おトクな料金でレッスンを受けたいあなたにサンクチュアリゴルフがおすすめです。

 

https://www.sanctuarygolf.jp/




④体験レッスン

引用元:サンクチュアリゴルフ

「サンクチュアリゴルフに体験レッスンはありますか…?」というあなた。

サンクチュアリゴルフに体験レッスンがありますし、税別2,000円とお安めです。

サンクチュアリゴルフにご関心のあなた!まずは体験レッスンを受けましょう!

 

https://www.sanctuarygolf.jp/




モテるプレーが身につくゴルフスクール|ライザップゴルフ

引用元:ライザップゴルフ

「ゴルフで女性にモテるプレーを身をつけたいです…」というあなた。

アドバイスとしては、中途半端なゴルフレッスンには絶対に通わないことです。

女性にモテるかっこいいプレーを身につけるには「ライザップゴルフ」が最適です。

ライザップゴルフはコーチもレッスンも優秀なので、モテるプレーが身につきます。

では、ライザップゴルフのレッスンについて詳しく解説していきましょう。

①ティーチングプロのコーチ

引用元:ライザップゴルフ

「ライザップゴルフって料金がすごく高いけど、それなりのコーチがいるの…?」

ごもっともです。高額を支払うワケですから優秀なコーチを期待しちゃいますね。

期待してライザップゴルフに入会したのにコーチがイマイチならガッカリですし。

しかしご安心ください。ライザップゴルフのコーチはあなたの期待を裏切りません。

その理由として、ライザップゴルフのコーチは「ティーチングプロ」だからです。

「ティーチングプロ=ゴルフについての知識バッチリ」なので超優秀コーチです。

なので、あなたのショットのお悩み等も含めて的確なアドバイスが受けられます。

女性にモテるプレーを身につけたいあなた!ライザップゴルフをチェックですね!

 

https://www.rizap-golf.jp/




②モテるプレーが身につく設備

引用元:ライザップゴルフ

「ライザップゴルフってインドアレッスンだけって聞いたんだけど大丈夫なの?」

そうですよね。ゴルフはコースで練習しないと上手くならない気がしますよね。

インドアレッスンしかないライザップゴルフは不安に思う気持ちもわかります。

しかし、ライザップゴルフのインドアレッスンは別格なのでご安心ください。

  • コース環境やあなたの球筋をリアルに再現するコースシミュレーター
  • あなたを詳細かつ正確にデータ分析するオリジナルデータ分析システム
  • 300通りの傾斜が再現できるパッティングマシン
  • 実践を想定した傾斜や芝目(順目・逆目)を活用した練習設備

もちろん、ドライバーやアイアンだけでなくパター等もしっかり上手くなれます。

さらに、会員様になればこのトレーニングルームで練習し放題という特典つき。

女性にモテるプレーを身につけたいあなた!ライザップゴルフをチェックですね!

 

https://www.rizap-golf.jp/




③モテるプレーが身につく環境

引用元:ライザップゴルフ

「ライザップゴルフのコーチも設備も良いのは分かったけど、練習環境はどうなの?」

たしかに。ゴルフスクールの練習環境ってどんな感じか気になるところですよね。

特に、グループレッスンで生徒がたくさんだと気が散って練習に身が入らない…。

しかし、ライザップゴルフは完全個室のマンツーマンレッスンの環境で心配ナシ!

しかも、プロコーチが充実設備のトレーニングルームでレッスンしてくれますから。

集中できる環境でレッスンを受けたいあなたにライザップゴルフがおすすめです。

 

https://www.rizap-golf.jp/




④オンラインレッスン

引用元:ライザップゴルフ

「良いレッスンを受けても、自主トレで間違った練習をしてしまいそうで不安…」

ごもっとも。レッスン中はプロコーチがみてくれるので安心して練習できます。

ですが、自分ひとりの時は間違った練習をしてしまうな不安がありますね。

しかし、ライザップゴルフには「オンラインドリル」があるので安心なんです。

あなたの自習もオンラインドリルを活用ればプロコーチがレッスンしてくれます。

自主トレも正しいレッスンが受けたいあなたにライザップゴルフがおすすめです。

 

https://www.rizap-golf.jp/




⑤レッスン料金

引用元:ライザップゴルフ

「さすがはライザップだな、、、やっぱりレッスン料金が高いんだな…」

そうですね。ライザップといえば「高額」というイメージを持ってる方は多いです。

高額な料金でライザップのレッスンを受けて効果が全然出なかったらイヤですしね。

しかし、ライザップゴルフならお支払いの料金に後悔することはまずありません。

なぜなら、高額なだけハイクオリティなレッスンが受けられて効果も高いからです。

しかも、万一の時は「30日間全額返金保証」もご用意されてるので安心なんです。

女性にモテるプレーを身につけたいあなた!ライザップゴルフをチェックですね!

 

https://www.rizap-golf.jp/




⑥ゴルフ力診断

引用元:ライザップゴルフ

「ライザップゴルフのことは理解したけど、いきなり入会するのはシンドイ…」

たしかにそうですね。自己投資としては決して安い料金ではないですからね。

ちなみに、ライザップゴルフのレッスンを60分税別3,000で体験ができます。

なので、料金から考えても格安なので体験レッスンだけ受けちゃうのもアリ!

体験レッスンだけでも、あなたの弱点がハッキリとわかるので価値があります。

女性にモテるプレーを身につけたいあなた!ライザップゴルフをチェックですね!

 

https://www.rizap-golf.jp/




その他|モテるためにドライバーを磨こう

私は昔、野球をしておりました。ずっと野球をしていたのでショートアイアンをボールにコンタクトさせるくらいならすぐにできましたが、ドライバーはそう簡単にはいきませんでした。何しろ他のクラブより軽く、長いのでなかなか芯で捉えることができませんでした。当たったとしてもヒールに当たってしまっていることが多く、右にプッシュしてスライスしていくばかりでした。簡単に言えば振り遅れのことです。ゴルフクラブはシャフトの延長線上にあるヘッド(そのヘッドにも重心距離というものが存在する)他のスポーツにはない特殊な道具です。そこを理解しなければならないと思います。

現在もドライバーに悩みはあるものの、過去ほどではありません。現在は飛距離が出ないということに悩んでいますが、過去は曲がる、当たらないといった根本的な悩みがありました。「アイアンはしっかり当たるのに、どうしてドライバーは当たらないのだろう。」と悩み練習していました。ドライバーが苦手な原因はいくつかあります。基本的に練習が足りていない(45インチという長さに慣れていない)、振りすぎ、ボールの位置が真ん中すぎるなどです。一般的にドライバーのボール位置は左かかと線上と言われています。これよりも内側にボールを入れてしまうと、フェースが開いて当たってしまうことが多くなります。振り遅れを防止するには少しだけ短く握るのも一つの手です。これは即効性があります。今でも、緊張して身体が固まってしまう試合のスタートホールでは少し短くグリップすることを心がけています。

結果的には上達しました。中学生になる前からゴルフをしていますので、ボールを上手くさばけるようになったというのもありますが、ゴルフ脳が鍛えられたということもあるのかもしれません。ゴルフは芯から2ミリ打点が変わるとミスショットになると言われています。その日の体調や、天気、気温、服装(半袖、長袖、上着を着用している)という要素でスイングは大きく変わってきます。

例えば、気温の低い日はボールが飛びません。それに上着を着るのでバックスイングでの方の回転が浅くなってしまいます。これではアウトサイドインの軌道になりやすいのでボールはスライスしやすくなります。つまり、冬のゴルフでは飛距離は1割〜2割は落ちます。アイアンも朝は2番手、昼でも1番手〜1.5番手は大きいクラブを持たなければグリーンには届きません。ボールがスライスするのであれば左を狙えばいいだけの話です。ゴルフは考え方で上達することができます。少しでも参考にしていただければ嬉しいです。



その他|ドライバーの課題克服のために

ゴルフを始めて間も無い頃、私もドライバーショットが苦手でした。スポーツ経験が長かったこともあり人一倍体力には恵まれていましたが、それが仇となり曲がり幅がとてつもなかったというところです。1ラウンドに10回のOBは当たり前。ドライバーショットが全てOBだったということもありました。私と同じような経験をされている、またはいま正にそうだという人も多いのではないでしょうか。

20年ほど前、日本プロトーナメントという試合を観戦する機会に恵まれ、朝から晩まで会場にいた時のことです。試合風景はテレビ中継もあり、誰でも見る機会があるでしょうが、ラウンド前の練習風景は、会場に行かないと見ることができません。私は試合よりそちらに興味が湧き、朝から昼まで噛り付いて観察していました。

すると、ある飛距離自慢のトッププロが見慣れない練習をしていることに気付きました。トーナメントでは練習場でも芝生の上からボールを打てるのにも関わらず、ドライバーのような高いティアップでサンドウェッジを打つ練習をしていたのです。なぜそんな実戦で役立つ事のない練習をしているのかどうしても気になって、そのプロのキャディさんに聞いてみました。

「あれはドライバーショットの練習だよ。お兄さんもやれば分かるさ。」

返事してくれたことに興奮しながら、次の日近所の練習場でやってみました。もちろんちゃんと打てることはありません。あれだけプロが上手く打っていたのに…。症状としてはいわゆるダルマ落とし、要はティを打ってしまうんですね。ボールにかすりもせずティより後ろにいってしまうこともありました。

そこで気付いたのは、ちゃんと当てたい一心でクラブを上から鋭角に叩き込んでしまっていることでした。横から払い打つ意識で打って見ると、私でもサンドウェッジで当たるようになりました。その感覚を持ってドライバーを打って見ると、曲がり幅の大きいスライスが半分以上減っていることに気がつきました。

今ではOBの数も大幅に減り、5ラウンドOB無しという経験もするようになりました。
ドライバーの練習をアイアンでするという一見奇抜な練習方法に思えますが、効果はテキメンでした。



その他|モテるためにアイアンを磨く

ひと口にアイアンと言っても、近頃は本当に様々な形状の物が販売されています。ほんのひと昔前までは、マッスルバックと呼ばれるバックフェース(フェースの裏側)に凹凸がない物と、キャビティバックと呼ばれている少し凹みがある物の2種類程度しかありませんでしたが、現在はウッドとアイアンを足したような形状の物までアイアンというカテゴリーの中にいます。

私がゴルフを始めた20年前はまだまだマッスルバック全盛でしたが、ちゃんと芯で打たないと飛ばないどころかゴロが当たり前で、ゴルフにならなかった記憶があります。形状の多様化は進んでいますが、ドライバーほどヘッドが大型化したかといえば、ご存知の通りそうではありません。今も昔もさほど変わらないと思っていいのではないでしょうか。

私はアイアンのトップボールが酷く、一番の悩みでした。100ヤードをピッチングで打っても乗らないどころか、トップしてグリーン奥のOBなんてこともよくある話でした。ある日練習場で打っていたとき、前の打席のゴルファーが非常に気持ち良くアイアンでいい当たりを連発していました。興味が湧き観察していると、素振りの際マットを「ゴツン!」と響くくらいの音を立ててアイアンを地面に当てていました。たまたまかと思ったのですが、いつも同じ。なにか意味があることは分かりました。

アイアン下手だった私は真似してみました。しかし、意外なことにマットを意識的に叩くことが難しいことに気付いたのです。それはクラブを必要以上の圧力で持っていることを意味していました。それからマットが響くくらいの圧力を自分なりに探ってみて、やっとその音が鳴るようになりました。それまでの握りを忘れるくらい弱い圧力で。力を込めて上から叩けばいいと思っていたのが、実は大間違いだったことを確信しました。

それから20年経ちますが、今でもアイアンの素振りの際は、ソールでマットを叩くように素振りします。おかげ様で今では3番アイアンも難なく打ちこなせるようになりましたが、その時の何気ない経験が今も活きています。



その他|アイアンの課題克服のために

ゴルフを直ぐに始めた際に、最初に握ったクラブがアイアンでした。アイアンは、初心者の私でも、普通に前に飛ぶことができたので、そんなに難しくないな。と感じていました。ただ、アイアンでも、当たり前ですが、2IなどのアイアンとPW・SWでは、全然違うんですね。特に、PWについては、使っているメーカーとの相性があまり良くなかった。いつもの感じで打っても、あまりうまくいかないんですね。感触もイマイチ。PW自体あまり飛ばないものですから、打った感触が感じられないので、なんか違和感というか、悩みというか。SWやPWは今でも悩みの種です。初心者の頃とは、だいぶ上手になったとは思いますが、PWやSWについては、今でも悩みの種ですね。

アイアンの取り扱いに関しては、あまり神経質にならなくても、大丈夫だと思います。フォロー面に意識していけば、特にこれといったこともなく、飛んでいくと思います。ただ、やっぱりレッスンコーチに見てもらうと直ぐに、弱点というか課題がすぐに指摘されるので、いいですね。客観的な意見があると、新たな発見があります。最近では、スイングをビデオ撮影する人も増えていますね。継続的にレッスンコーチにスイングを見てもらうことは、上達のコツではないでしょうか。自分だけで判断しますと、良く飛ぶ(真っすぐ)場合にと自己満足で、これで大丈夫と勝手に解釈してしまって(レッスンコーチから見れば、全然ダメダメな評価でも)、上達しないと思います。

もし、コーチがいない場合には、ビデオ撮影(今では、携帯でもできるようです。アプリがあるみたいですね。)で、自分のスイングをチェックするという手もあります。上達したかは、よくわかりません。未だに、PW,SWはあまり得意ではないですね。でも、上達しようと思って練習を重ねていくことが、上達の道なのではないでしょうか。



まとめ

【ゴルフで女性と仲良くなる】モテるためにはゴルフレッスンに通おう!

というテーマで今回お話してまいりましたが、いかがでしたでしょうか?

まず、女性と仲良くなってゴルフも上手くなりたいあなたはサンクチュアリゴルフ。

また、女性にモテるプレーを身につけたいというあなたはライザップゴルフですね。

ご参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。


ブログ王ランキングに参加中!